居酒屋いりたに

西新宿の親父の歌がきっかけで西新宿で居酒屋をやってます。料理は得意じゃないです。サッカー、バス釣り、格闘技、お笑い、長渕剛、ジャッキーチェン、に興味があります。日々感じた事も書こうと思っております。

入谷健司(いりたにけんじ)の略歴。

入谷健司(いりたにけんじ)の上京略歴。

大阪で生まれ、素敵な仲間と普通に楽しい日常を謳歌していたのですが、

21歳の秋、ふと

『このままじゃ何となくよくない気がする。』

そう思い、全財産45000円で上京。

(幼なじみのMくんがリュックの中にこっそり1万円入れてくれていたので、55000円に!ありがとう盛山!500円くれたてっちゃんもありがとう。)

全く土地勘がないので、長渕剛の歌詞に載ってる地名で住む場所、働くところを決める。

 

 

電信柱にひっかけた夢】から、東中野に住む。


引用:長渕剛 電信柱にひっかけた夢

 

 

 

 

西新宿の親父の唄】から、西新宿で働く

 


引用:長渕剛 西新宿の親父の唄

 

 

 

22歳

アルバイト先のオーナーに感銘を受け、商売を早く始めたいと考えるようになる。

 

たまたま同時期に上京していた兄と、【何でもいいから早く安くできる商売】 を調べる。

調べたところ【移動販売】というものがそれに当てはまる。

 

移動販売で成功する本―みんなでHAPPYになろうよ

 

移動販売で成功する本―みんなでHAPPYになろうよ

移動販売で成功する本―みんなでHAPPYになろうよ

 

 

 

23歳

ボロ車を買い、兄と移動販売車を製作。

移動販売車おはつ1号車完成!

 

営業場所を探したり、そもそも何を売るか確定していないので、慌てて考える。

そうこうしている矢先、交通事故を起こし、車が大破。

幸い軽い怪我で済んだのだが、何と任意保険に入るのを忘れていたため、

約260万の借金を背負う事になる。

 

f:id:iritanikenji:20170103193006j:plain

 

めちゃくちゃアルバイトを始める。

めちゃくちゃ働く。

何故か、めちゃくちゃ体を鍛える。

(今思うと、起きている時間は何かをしていないと、焦りと不安で気がもたなかったのだろう。朝7時半にはジムのプールに飛び込み、全力でクロールしていた。変態やん!)

f:id:iritanikenji:20170103182234j:plain

またすぐボロ車を買い、移動販売車を製作。

とりあえずたこ焼きなら実家でよく作っていたので、たこ焼きを看板メニューに。

移動販売車おはつ2号車完成!

 

http://eventworld.jp/wp-content/uploads/2011/10/9ee24005263c40c733820224eb88ee03.jpg

 (検索していたら、たまたま2号車出てきた!懐かしい!確かここは西東京の外れのスーパーマーケットの駐車場で、売り上げは3000円くらいやったかな?😭)

 

 

24歳

アルバイトとたこ焼き屋さんの2足のわらじで商売スタート。

ある場所で安定して営業していたが、煙等の苦情で営業できなくなる。

 

営業場所を点々とする。

(幡ヶ谷、笹塚、東北沢、代々木八幡)

各駅前でなんとか営業していたが、

ある日突然、

普通ではない車から出てきた

普通ではない人に

普通では考えられない叱られ方で、

営業停止を命じられる。

 

 

http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/153/2014/3/e/3e13f020f7e8e33d3381203218bf95480975436e1413425556.jpg

 

引用:http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/153/2014/3/e/3e13f020f7e8e33d3381203218bf95480975436e1413425556.jpg

 (謝ってから撤収まで7秒くらいやったと思います。人ってこんなに早く動けるんや!)

 

25〜27歳

気を取り直して、

ネットで色々なコミュニティに入り、何とか営業場所を探す。

ルーロー飯、ロコモコ、イカ焼き、焼き鳥、たこ焼き、焼きそば、たいやき、桜餅、ところてん、ホットドッグ、チョコレートファウンテン。。。

 

何をしたいのか全くわからないが、とにかく依頼主に『〇〇やれますか?』と尋ねられたら、『やったことあります!大丈夫です!』と言い、後から慌ててネットで調べるという作業を繰り返した。

 

《やってやれないことはない。

やらずにできるわけがない。》

 

おかげで桜餅の餡の包み方はデパ地下の実演販売が出来るレベルにあると思う。

おそらく一生役には立たないでしょう!!

 

 

 

28歳

そんなこんなで、やっと兄弟2人で飯が食えるくらいになったので、実店舗が欲しいと考える。

まずは埼玉あたりで焼き鳥屋さんを始めようと物件を探す。

 

ある日、ずっとお世話になっているオーナーから呼び出され、

『この店をあげる!』と言われる。

お店は30席ほどの居酒屋。

兄弟で移動販売をしていたが、どちらも料理は全くといっていいほどできない。

(生まれてから何をしてきたんだ!)

でも、上京してずっとお世話になっているこのお店を任せてもらえるというのは、何かの縁で、またとないチャンスだと思い『やらせていただきます!』と即答。

 

 

 

29歳

大阪時代の調理学校の友人を誘い(彼は僕と違い、ホテルで8年間、和食の修行をしていた、ちゃんとした料理人。安定した職場から即答で上京してくれた事に感謝です。)

めでたくリニューアルオープン。

 

f:id:iritanikenji:20170103183031j:plain

 

 

 

30歳

飲食業の難しさを痛感しながら、少しずつ軌道に乗り始めた矢先の春。

僕のお店が入ってるビルの担当者から連絡があった。

『直接会ってお話がしたいのですが。』

ジョーに嫌な予感がした。

翌日の夜、いつも通りビールジョッキを洗っていたら、ビルの担当者が管理室に呼ぶやいなや僕に言った。

『このビルは老朽化が進んでいるため、2年後解体します。』

 

青天の霹靂とはこうゆう時に使うんやなーー。。。

 

 

 

って言うてる場合じゃない。

これからオリンピックに向けてまだまだ栄えるであろう新宿で30代は腰を据えて頑張ろう思っていた矢先なので、かなりショックだった。

店に戻り平静を装いながらパスタを作るが、まぁこぼすこぼす。

チーズもはみ出す。

f:id:iritanikenji:20170103183427j:plain

引用:http://eventworld.jp/wp-content/uploads/2011/10/9ee24005263c40c733820224eb88ee03.jpg

 

 

 

31歳

決まってしまった事はしょうがないので、頭を切り替えて移動販売、祭事、お弁当。

飲食業で、いま出来る事をとにかくやってみている最中です。

体はしんどい事もありますが、周りのみなさんのおかげで結構楽しくやらせてもらっております。

 

 

2017年

正月早々、長々とたいした事の無い略歴を書きました。

  

基本的に私の頭の中は格闘技とお笑いと長渕剛のことばっかりです。

更にサッカーとバス釣りも好きです。

誰かフットサル、河口湖、誘って下さい!!